基本東方厨。ECOは・・・?
月別ログ_2006年12月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1年以上やってなかった (2006/12/17)
ROに、カムバックキャンペーンといもので、
3日間だけinできるそうなので、
ちょっと戻って参りました。

何も言わず、イキナリ消えた為、その清算みたいな感じかな?

inしてる最中は、ずっとジュンに付き合ってもらってました。
screenfreya000.jpg

おお、この人転生しとるがなw
あっしがやめたとき、90といくつだったっけw


とりあえず、いくつかの物を、後輩の八雲にあげてから
プロ南へ行って、適当に物をばら撒いてました。
そこで、元、あっしがマスターやってたギルドのメンバーの
フェリとドラコを発見w
なっつかしー
まだRO続けてたんだなw
軽く話をして、別れた後、
アイテム撒きを続行。

なんか、あっしがいなくなった後に
「月氏」というキャラがいたらしく、
その人に間違えられて、話しかけられたりしたーぬ
誰だよ、月氏w

アイテムを撒いた後、余ったお金で紫箱を開けてみる。
なんと
screenfreya003.jpg

パンダ帽がでやがったw
やめるっつーのにアタリをひきますかw
でも、地味にうれしかったりw

そして、ジュンのギルドで一緒だった、
ひーさんと遭遇。
奇跡だなw
screenfreya005.jpg

元気そうでなによりだw
あんときゃ色々大変そうだったかんねぇ。



そして、残りの装備をジュンに渡して、
ROにお別れ。

やっぱり、自分のアホみたいに弱いネタキャラは、大好きだし、
このゲームは結構好きなんだ。
思い出あるしねw
でもやっぱ
もう自分の居場所はないなーw と思った。
あっしを知ってる人は、ほぼ、いなくなってるし、
なにがなにやらで、今の状況についていけないだろうし。
空気もなんか違うなー
万一やるとしても、1からじゃないとできる気がしない。

機会があったらinするかもだけど、
一応これでおしまい。

あっしは今、ECOをやっている。
友達も結構いっぱい、
だから、あっしはECOをやる。

じゃあね、RO。
ノシ
screenfreya007.jpg

スポンサーサイト
今日出勤中に (2006/12/02)
バイクで、すっころびました。

すぐにバッと立ち上がった私は、
バイクもすぐに起し、またがり、発進し直しました。

しかし、異常に気づきました。
タイヤの向きが、曲がっていました。
左手の親指の爪が、剥れていました。

「あー、ヤベェなぁ。でもとりあえず、仕事先には行かないとなぁ。」

曲がったバイクを200mくらい進めました。
ちょっとバランスを崩すと、タイヤが曲がっているため、
バイクの挙動が制御できなくなります。
これでは、仕事先に行くのは無理だと判断し、
道路の脇にバイクを停車させました。

携帯電話を取り出し、まず家に電話をかけます。
こちらに来てくれるそうです。
仕事先に電話をしました。
その後、とりあえず待機します。

立ったまま、ボーっと待っていると、
急に激しい気持ちの悪さに襲われました。
耐え難い気持ちの悪さに、歩道の縁石に腰掛けました。
仕方なく、頭を垂れながら、そのまま待機しました。



空を見上げていました。
意識を失い、後ろに倒れた様です。
小学生の時に、熱中症、貧血で倒れた以来の気絶です。

起き上がり、待ち続けていると、迎えが来ました。


病院に行きました。
救急です。
まず、待合室でどのような状態なのかを聞かれます。
その後、車椅子に乗せられました。
救急治療室に連れて行かれ、
検査着に着替えさせられました。
ベッドに横にされ、
まず、首を固定されました。
次に血圧を測られました。かなり低かったそうで、
内臓などが出血してる恐れがあると言われました。
その次に、全身の感覚をチェックされました。
左手の、親指の先がしびれてる以外は
大丈夫のようです。

この救急治療室のベッド、
患者を寝かせたまま、ひっぱって移動させる
あのベッドだったようです。
エコーという機械で内臓を見られました。
脳のCTスキャンを撮られました。
首、打った左の腿をレントゲンで撮られました。


結果:脳震盪、擦過傷、打ち身

とくに、内臓や脳の出血も見えず、骨も大丈夫なようです。
しかし、今日は安静にして、経過をみること。だそうです。
何もなければ、仕事をしても大丈夫だそうです。




足いてーし指いてーしまだ気持ち悪いよばかー。
ページ上部に戻る▲
納豆牛乳 © 月氏 2006. (http://gebr.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.